急にです、ビックリしますよ。

By on 3月 31st, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

LINEの交換だけしてある女性から。

「抱いてください」

と、出会い系サイトのメールがきまして…またすごい直球だなと。。

急にです、ビックリしますよ。

でも何かあったんだろうな…とは思いますけどね。

会った第一印象は

可愛い人だなってことと

普段はものすごくちゃんとしている人なんだろうなーって。

会ってすぐにラブホに入り、とりあえずソファに座ったけど、勢いで抱いてくださいと言ったけどすごく恥ずかしいんだって。。

ベッドに入ったらさっきまで恥ずかしがっていた彼女が上に乗ってキスしてきた。

そのギャップがまたすごく興奮してキスの相性もすごく良くて、これから始まるセックスへの期待感が高まった。
身体中いっぱいキスをしてくれて口にくわえて舐めてくれるのもすごく気持ちよくて自分も彼女に触りたくなって

上に乗ってる彼女を下にしていっぱいキスをした。

中よりクリの方がいいらしく濃厚なキスをしながら指でクリを触ると気持ちいい…

とまた可愛く反応してくれた。

でもやっぱり若干緊張してるらしく緊張でなかなかイケないとのこと。。

まぁ最初だし、身体のことも分からないから当然かなって。
また口で北海道出会い系好きな彼女はたっぷり舐めてくれてもう早く彼女の中を味わいたくてそのまま上に乗せたまま深く挿入。

騎乗位の奥までしっかり挿入してからの腰の動きがとてもやらしく彼女の奥を、密着感を感じすごく気持ちが良かった。

それから正常位、バック等々態勢を変え、彼女がもう無理~と言うので自分もイッた。

時折見せる彼女の表情や目がすごく魅力的でそれがたまに見えるとすごくドキッとした。

うまく表現できないけどそれがたまらなく良かった…

Read full story »

Filed Under:未分類

居酒屋でのバイト

By on 3月 19th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

専門学校に通っていた時の事です。一年間ほど出会い系サイトを頑張りながら居酒屋でバイトをしていたことがあります。

居酒屋といってもカウンターが8席ほどあるだけの小さな店でした。

私は調理の専門学校へ行っていて、将来的には自分でも店が持ちたかったので経営の仕方も勉強するために働き始めました。

店は私たちが【お母さん】と呼んでいた女の人が切り盛りをしていました。

40才くらいの人で、ふくよかな感じの可愛い人でした。

お店のお客さんはほとんどが男性で、お母さん目当てに通っている人もたくさんいました。

お母さんには一人の娘さんがいて19才でした。お母さんと私と娘さんが協力して店をやっていました。

お母さんが煮物類を、私が焼き物と揚げ物を担当して、モモちゃん(娘さん)が洗い物を主にやっていました。

私とモモちゃんは年が近かったのですぐに仲良くなりました。

店の中で働きながら冗談を言い合ったりしているうちに、外でも会うようになりました。

といっても映画を見に行ったり、遊園地に行ったりするくらいの仲でした。

手をつなぐことはありましたが、それ以上の事は何もありませんでした。

2人が付き合っていることはお母さんも承知していました。

ある日、夕方になって私が仕込みのために店に行くとモモちゃんはまだ来ておらずにお母さんだけがいました。

私が【おはようございます】といって仕込みを始めようとすると、いつになくお母さんは真剣な顔をして私に言いました。

【モモと付き合ってるみたいだけど、悲しませることだけはしないでね】

私は【大丈夫ですよ。僕とモモちゃんはそんな関係にはなっていませんから】とお母さんを安心させるためにそう言いました。

するとお母さんは【そうなの。まだ体の関係はないのね】といって、ホッと安心したようでした。

【はい、まだキスもしていませんから】と私がなおも言うと、お母さんは【じゃ、いいんだけどね】といって、その日はもうそれ以上は言いませんでした。

それから一週間ぐらいしてお店の営業が終わった時でした。

その時もモモちゃんはいませんでした。その日は体の調子が悪かったみたいで、店は休んでいたのです。

モモちゃんの代わりに私が洗い物をしていると、お母さんが近寄ってきて【ちょっと話があるんだけど】と言いました。

【あのね、モモと付き合うのはいいんだけど、体の関係だけはもってほしくないの】と言ってきました。

【あたしがモモを生んだのは18の時、相手は当時付き合っていた人だったの】

【妊娠した後に、相手の男と別れてひとりでモモを育ててきたの。やりたいことがいっぱいあったけど、そんな事があって何もできなかった】

【若いうちから子供を産んでとても苦労したから、モモにはそんな思いはさせたくないの】

お母さんは真剣な表情でそんな事を私に言い、私も【わかりました。気をつけます】とお母さんに約束しました。

するとお母さんはさらにこんなことを言い始めました。

【もしもどうしてもモモとしたくなって我慢できなくなったら、あたしに言ってね】

【モモには負けるかもしれないけれど、あたしだってまだまだ現役なんだから】

今から思うと、お母さんはモモちゃんに嫉妬していたのかもしれません。

若い私たちが楽しそうに話しているのを見て、そんなことを言ったのかもしれません。

お母さんには特別な男の人はいなかったようで、淋しかったのかもしれません。

その証拠に、次の日ぐらいからお母さんはモモちゃんやお客さんがいない時には私の方に近づいてきて私の手をそっと握ったりしてきました。

【じっとしててね】と言って、私の股間を触ることもありました。

触られているうちにだんだんと大きくなっていく私のものをなでながら【おっきいのね】と言って、私の耳にキスをしてくることもありました。

そうなってしまうと私の興味はモモちゃんではなくてお母さんの方へ移っていきました。

暖簾を下ろした暗い店の中で、お母さんに股間を触られながら、私もお母さんの胸を触るようになりました。

お互いに触りながら、お母さんとキスをしました。お母さんはキスの時には私の口の中に舌を入れてきて、私の舌を舐めまわしました。

お母さんの手に導かれるままに、お母さんのスカートの下から手を入れて、お母さんのあそこに指を入れました。

パンティーの隙間からお母さんのあそこに指を入れるとじっとりと濡れていて、私の指はヌルっと入っていきました。

しかしお店ではそれくらいしかできないため、私たちはお店が始まる前に示し合わせて少し離れた駅前のホテルで会うようになっていました。

ホテルでのお母さんはもっと大胆になっていました。

部屋へ入るなり自分から服を脱ぎ棄てて、いきなり私に抱きついてきて私の服を脱がして私の体を舐めまわしました。

私のあそこはもちろん、私の乳首、わきの下、お尻、足の指まですべて舐めまわして、【あたしも舐めて】と言いました。

とにかく舐めることと舐められることが大好きな人でした。

私があそこに指を入れようとすると【指じゃなくて舌を入れて】と言って、私にペロペロなめさせました。

体位は後ろから突かれるのが好きで、その時は私に自分の背中を舐めさせました。

私が出そうになると決まって【最後は私の顔にかけて】と言って、自分の顔面に射精をさせ、それを舐めていました。

そんな関西出会い系好きのお母さんとの関係はしばらく続いたのですが、その間もモモちゃんとは付き合っていました。

結局モモちゃんとはキスもしませんでしたけれど。

私が学校を卒業して田舎のホテルの調理場に就職が決まり、東京を離れる時にはモモちゃんとお母さんは駅まで見送りに来てくれました。

最後に私が彼女たちに【ありがとうございました。さようなら】と挨拶をすると、モモちゃんは手を振り、お母さんはぺろっと舌を出しました。

あの舌を。

Read full story »

Filed Under:rec

カラオケ店で・・・

By on 3月 18th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

息子は友達と遊びに行ったので、久しぶりに出会い系サイトから知り合った旦那の敦士とカラオケに行きました。

敦士は昔からすごく歌がうまくて惚れ惚れしちゃいます。

私から見てもイケメンなので、本当に歌手の歌を聞いてるみたいな気持ちになります。

私は音痴ながらも歌う事が大好きで、敦士もなんだかんだ言いながらもうまいね~って褒めてくれます。

歌ってる時、セックスレスだけどキスはしてくれるので私はだいぶエッチな気分になっちゃうんですよね。

私は自分の番が終わったらトイレに行きたくなったので行きました。

そしたら「桜井さん!」って声がしたと思って振り向いたら啓太でした。

「桜井さん、カラオケ歌うんですか?」ってびっくりしていたので、「歌うよ~」って言うと「誰と来てるんですか?博史さん?」って聞かれました。

「違うよ~。だんなだよ」って言うと「マジですか?見てみたい!」って言うので「啓太は誰と?」って聞くと「沙英です。」って言いました。

「エッ、早く戻った方がいいよ」って言うと、「旦那さん見てから」って聞きません。

じゃあって言う事で、部屋に連れて行きました。

敦士はひとりでノッて歌ってました。

「どなた?」って聞いてきたので、「パート先の男の子なんだよ。敦士を見てみたいっていうからさ」って言うと「初めまして」って敦士が啓太に言いました。

啓太は「初めまして、鈴木と申します。桜井さんにはいつもお世話になってます」っていいながらお辞儀をしました。

敦士を見た啓太は「すごくイケメンじゃないですか!」って言ってすごく驚いていました。

「では」って言いながら自分の部屋に戻っていきました。

「智子、あの子とはエッチしてないよね~?」って冗談風に言ってきたので、「してないよ~」って笑いながら言うと「智子が好きそうな子だからね」って図星でした。

さすが、旦那・・・。

そして敦士は私にキスしてきました。

だから私は敦士のおちんちんを触りました。

でも、手をどけられちゃいました。

なんか悲しくなってまた、トイレに行きました。

そしたらまた啓太と会ったんです。

思わず啓太にキスをしちゃいました。

啓太は「どうしたの?旦那さんいるし、沙英いるからヤバいよ」って驚いていました。

私は、啓太を誰もいなかったトイレに連れ込みました。

そしてまたキスをしました。

啓太は最初は戸惑いながらも、どんどん激しいキスをしてきました。

「桜井さん・・・」って言いながら、すでにヌレヌレのおまんこに触ってきました。

スゲー濡れてるって言いながら私のおまんこを舐め始めました。

私はすごく気持ち良くて喘ぎ声をあげていました。

そして私はイキました。

今度は啓太のちんぽをしゃぶりました。

啓太のちんぽは固く勃起してました。

「すごく固い・・・」って言うと「こんな事されて・・当たり前だよ・・・」って言いながらすごく気持ちよさそうです。

そして私を後ろ向きにしてバックでちんぽを私のおまんこに入れてきました。

すごく激しく腰を振ってきます。

私はものすごく大きな声を上げていました。

そして二人でイキました。

乱れた衣服を身支度をしながら「桜井さん~、マジエロいっす」って言いながらキスしてきました。

そしてお互いそれぞれの部屋に戻りました。

敦士に「遅かったな」って言われました。

「そう?」って言いながら、私は歌いました。

敦士は、なんか黙ってました。

「どうしたの?」って聞くと「智子、智子のエッチなにおいがする」って言ってきました。

更に「さっきの子と?」って聞いてきました。

「違うよ。さっきの子彼女いるし」って言うと「智子はあまりそんなの関係ないだろ?」って言ってきました。

「言ってごらん」って言いました。

敦士は、私のおまんこを触ってきました。

思わずアツって声をあげました。

「ビチョビチョだね。このおまんこはいったい何人のペニスを咥えてるんだろうな」って言いながら指を入れてきました。

敦士にそこを触られるのは、かなり久しぶりです。

イッたばかりのおまんこは敏感で敦士の指が気持ちがいい所をこすってくるので喘いでしまいました。

ハァ~、アッ、アンアン・・・・

「さっきの子とトイレでセックスしてきたんだろ?・・・バックからか?・・・おまんこしゃぶってもらったのか?・・あの子のペニスはでかいのか?」

ってひっきりなしに言ってきていじめるんです。

私は・・・違うって言いながらもめちゃくちゃ感じまくっています。

「本当の事言えって!」って叫ばれたので「あの子とおまんこしちゃいました!」って白状しちゃいました。

やっぱりな・・・って顔をして「智子、若い時から全然変わってないよ。いっぱいいろんな男に抱かれてるからかな」ってキスしてきました。

「俺は智子大好きだよ。セックスはしないけど」って言うので「私だって敦士大好きだよ。セックスしてくれないけど」って答えました。

そしてもっと激しくおまんこを指で擦るのでイッてしまいました。

関東出会い系サイトで会った敦士は「智子、俺はお前のその奔放な所も大好きなんだよ。でも、結構嫉妬してるんだからな」って言ってきました。

「でも、敦也にはそういうところは知られないようにしろよ」って固く言われました。

そして帰りました。

次の日会社で啓太に敦士にバレちゃった話をしました。

「愛されてるんだね。他の男とヤッたっていうのにそういう態度できるなんて」って言われました。

本当に感謝です。

でも・・・敦士がセックスしてくれてたらこんなに淫乱になってなかったかもな・・とも思いました。

Read full story »

Filed Under:rec

変わった性癖の女の子

By on 3月 17th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

男女問わず人にはそれぞれ性癖があります。

私の性癖はエッチの最中に出会い系サイトの彼女におしりをはたいてしまう事です。それにより、エッチの時の興奮度が増します。

そして、友人達と話していても、人それぞれ性癖が異なるので面白いと思います。

私もいろいろな女性と交際してきましたが、女性もそれぞれ性癖が違います。

数年前に交際していた女性で変わった性癖を持つ女性が居ました。

その女性とは友人主催の食事会で知り合い、交際に発展しました。

もちろん交際が始まると、エッチも行います。

私は彼女とのはじめてのエッチは、旅行に行った際に行いました。

長野県の有名観光地のホテルで、高いスイートルームだったので、

ムードは最高でした。

互いに服を脱いでシャワーを浴び終わると、エッチがはじまります。

私は彼女の胸や性器を愛撫していきます。彼女は次第にあえぎはじめ興奮している様子でした。

そして、愛撫が終わると興奮した彼女が私を攻めてきました。

彼女は普通の攻め方では無く、私の乳首を噛んできました。

はじめは驚いて声を上げてしまいました。彼女に聞いた所、男性の乳首を噛まないと興奮しないそうです。

噛むと言っても甘噛みなので、痛む事はありませんが、不思議な感覚でした。

エッチが進み、性器を膣に挿入すると、再び彼女が私の乳首を噛んできました。

騎乗位で彼女は腰を振りながら、私の乳首を噛んでいる状態です。

だんだんと時間が経つにつれ、出会い新潟サイトの彼女に乳首を噛まれるのも嫌ではなくなってきました。

その彼女とはエッチをするたびに、乳首を噛まれていました。

今となってはおもしろ話です。

Read full story »

Filed Under:未分類

アパートで

By on 3月 16th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

壁の薄いアパートは、隣からの音が聞こえやすい。

また、夏になると、エアコンがない安いアパートは、窓を開け放し、夜中もそのまま開けていることが多い。

俺の住んでいるアパートがそうなんだ。

住んでいるのは若いカップルだったりが多い。

俺も出会い系サイトで出会った彼女はいるけど、彼女はここは風呂が狭いとか、洗面所に鏡がないからと俺が彼女の部屋に行くことが多いかな。

彼女の部屋は俺のアパートより、2万も高い。広くて、きれいで、買い物も便利だし、女はそのほうがいいのかもしれない。

俺は職場が近いここがいいんだけれど、いづれ、俺はそっちに転がり込むかも。でも、この今のアパートもなんだか楽しいのだ。

それは特に夏。

そこかしこで、アレの声が聞こえてくる。

寝苦しい夜に、ぼんやりとテレビを見ていると、艶かしい声が聞こえてくる。

夜中なので、テレビのボリュームもそんなにデカくできから、音を小さくしているせいもあり、聞こえてくるのかもしれない。

きっと暑いからあちらさんも窓を開けているのだろう。

うちも窓を開けてるから多いに聞こえてくる。

話し声がいつの間にか、「あっ、あっ、あっ、」という切れ切れの声になり、「はぁはぁ」という息遣いになる。

どこかを吸う音か、キスのようだけど、激しく吸い付く音も聞こえてくる。

そして、女は「イイ!イイ!」と叫ぶようになる。

おいおい、叫ぶのかよ、とも思うけど、俺もその声を聞いて興奮してくる。

特に通路に面してる裏のカップルの声はすごい。

通路は俺の家の台所に面しているから、そこにそっと立ち、その声を聞き、たまに覗いてみる。

悪いとは思うのだけど、あの女の気持ちよさそうに「突いて、突いて、そこ」という声が堪らない。

そして、カーテンの向こうに男が女に馬乗りになって腰を動かしている影を見るときがある。

自分の彼女に悪いと思いつつ、たまに会う、胸の大きなその女と俺がセックスをしていることを妄想する。

女はイクときも叫ぶんだ。

だから、俺も一緒にイってしまう。

夏はそんな日が週1はある。

俺も自分の部屋で岐阜出会い系で出会った彼女とセックスをするときに声を塞がせない。

そう、いつも聞かせくれるお礼に彼女のいい声をかせるために。

そうすると、また彼らはセックスを始める。

そこかしこで、アレの声が聞こえる、最高のアパートになる。

Read full story »

Filed Under:rec

上司との露出セックス

By on 9月 5th, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

同じ会社だけど支店が違う所に配属された彼がいます。
彼氏と半年位セックスレスだったけど、1年経った記念で旅行に行きました。
そこで混浴露天風呂に入り刺激的な事をしたため、たまにはセックスをしてくれるようになりました。

でも彼には内緒だけど、私と同じ支店にいる同僚(博史/学生出会い系サイトでも遊んでいる)と課長とのセックスをやめる事はできませんでした。
そしてセフレ2人と3Pとかもした事があります。
でも博史が上司(男)に本気で好きになったけど振られてしまうという事があり、しばらく課長と仕事以外では会っていませんでした。

久しぶりに個室居酒屋で会った時、博史の話をしました。
博史はへこんでて、浮上してこないので2人で心配してました。
突然、課長が私にキスしてきました。
課長のキスって本当に感じます。
すぐあそこも濡れてくるんです。
「あいつの話はおしまい。もう今日は俺の事だけ考えろ」って耳をかじってきました。
課長が丈の長いスカートの中に入ってきて私のおまんこをベロベロ舐め始めました。
クリも舌で転がしてきます。
アッって自然に声が漏れてしまいました。
そんな事をしていたらトイレに行こうとしている客に見られちゃいました。
すごく嫌そうな顔をされました。
だけど、そんな顔されるとますます私達は興奮しちゃうんだよって教えたくなるほど感じてます。
そして口でイカされちゃいました。

課長にもお返ししようと思ったら、店出ようって言われました。
えっ、これからなのにって思い残念でした。

でもエロさが半端じゃない課長がここで終わるはずがありませんでした。
近くの公園の茂みが多い所で全裸にさせられました。
そしてキスをしてきます。
「こんな広い公園で裸になってるけど、どうだ?」ってすごくイヤラシイ顔で耳元で言ってきます。
すごくゾクゾクして「すごく興奮する」って言いました。
「ともこのおまんこすごく濡れてる。エロいな~」っておまんこを両手で広げて笑っています。
ますます愛液が流れ出してきます。
私はもう我慢できず「お願い、ちんぽいれて!」って叫んじゃいました。
「しょうがないな、じゃあ俺のちんぽ入れてやるよ」って言いながら、ズブズブとおまんこに突っ込んできました。

激しく立ちバックでセックスしてると課長が小声で「俺らのセックス見られてるみたいだよ」って言うんです。
エッて思い横を見ると、男の人が覗いてるのが分かりました。
ますます興奮しちゃって「課長、もっと激しく私のおまんこをいじめて!」って叫んじゃいました。
更に課長が激しくグチュグチュってエッチな音を立てながら、腰の動きを早くしました。

そして、私も課長もイキました。
しばらく裸のまま余韻を楽しんでいました。
そしたら私、おしっこしたくなってきちゃってトイレに裸のまま行こうとしたら課長に止められました。
「ここですればいいじゃん」って。
びっくりしたけど我慢できないので、足を思いっきりM字開脚しておしっこをしました。
課長は正面に座ってみています。
「すげー、ともこのおしっこいっぱい出てる」って言うんです。
おしっこするところ見せた事なんてなかったのですごく興奮しました。

そしてもう1回立ちバックでセックスしちゃいました。
その間ずっと男の人が覗いていて、オナニーしてるのがわかりました。

すごく興奮した1日でした。

後で聞くと、目的は私におしっこさせて見てみたいって事で公園に行ったみたいです。

Read full story »

Filed Under:rec

掃除のしにくいガスレンジ換気扇

By on 6月 30th, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

ああ、ガスレンジの上の換気扇ほど掃除のしにくいものはないでしょう。できれば昔風に窓を全開していつも使いたい調理場ですが、なかなか周りにも人が多いということからそうも行きませんよね。出会った主人の夫の家は田舎でとても便利にできていたと思っています。

今は朽ち果てようともしている建物ですが、最初はけっこう使いやすかったかもしれないです。とにかく、ガスレンジはあっても換気扇があるだけで使用する場合には、窓を大きく開け放って使っていたということです。

台所の全面は山になっていたので、人目は気にはなりません。ただ、夏などは蚊などが気になる程度ですね。しかも、台所はとても広く、そのすぐ隣で食事をすることができるようになっています。それで、今の台所などと比べてみるのですが、昔の人たちの台所というのは、近所の人でもすぐに立ちよれそうな「茶飲み場所」というのがあります。

昔風のその家では近所のおばちゃんたちのたまり場となっていているも賑やかなものでした。それで、掃除のしにくい換気扇をながめならが家の設計というものは、いろいろと人の可能性までも替えてしまうことがあるのかも・・と思ったりしています。

Read full story »

Filed Under:rec

麻雀イカサマ通し

By on 6月 26th, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

ギャンブルにはイカサマが付き物です。やはり勝負事でお金が掛かりますから、勝つためには様々な方法を考える人たちがいてます。
ギャンブルの内の一つ、麻雀にはさまざまなイカサマがあります。

一人でするイカサマや、複数の人数でするイカサマもあります。出会った方は一人でも得意でした。
その中で「通し」と呼ばれる複数人でするイカサマを紹介したいと思います。

麻雀は複数人で勝負するゲームです。四人や三人がそれぞれトップを狙うのですが、中にはグルになって、トップをとる人たちがいてます。
そんな人たちが使うイカサマが「通し」です。
グルになっている人たちに自分の当たり牌や欲しい牌を色んな方法で伝えて、有利にゲームを進めます。

伝える方法は一般的に言葉や仕草です。
例えば、自分の鼻を触ったら、ピンズの5が当たりや頭を掻いたら、ソウズの3が欲しいと仲間内で決めているのです。
これは昔から使われている方法ですが、最近では携帯電話や様々な機械があるので言葉や仕草を使わなくても仲間に伝える方法が沢山あります。

時代と共にイカサマの方法もより巧妙な手口に変わっています。勝負事ですから、勝ちたい気持ちは分からないでもありませんが、やはりイカサマはしてはいけないと思います。
ギャンブルをする皆さんはイカサマについてどのように考えているのでしょう?

Read full story »

Filed Under:rec

古い曲について

By on 6月 23rd, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

 私は、普段音楽を良く聴くのですが、最近特に思うことは、古くなった曲=もう聴けない曲というわけではないということです。確かに、音楽には流行り廃りがありますので、古い曲というのは今の時代にマッチしていないこともあります。しかし、それであってもやはり素晴らしいメロディーというものは存在するわけで、そういう曲は時を越えて感動することができるのが音楽の素晴らしいところです。

 また、詞に関してはあまり時代の影響を受けにくいと思っています。なぜならば、人間の感情は時代が変わっても、そこまで大きくは変わらないからです。20年前に感動したできごとは、きっと20年後でも感動できることだと思います。知り合ったおばさんも言っていました。

 それを考えると、私の部屋に眠っているCDの中にも、もう一度聴いてみたい曲がたくさんあるはずです。それをみつけるために、私は今CDが収納されている箱をひっくり返して、いろいろと聞き漁っています。こういったことができるのも、音楽の醍醐味だと私は思っています。

Read full story »

Filed Under:rec

物凄い営業パーソンになれたら良さそうだと思います

By on 6月 20th, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

営業が上手かったら、すごく良いのだろうなと思います。
いかにも、会社の花形部門で活躍している人、といった気分になれるかもしれません。

営業とは何なのでしょうか。
商品を売ったり、サービスを紹介したりして、利益を取りにいくことでしょうか。
営業をやったことがないので、詳しくはわかりませんが、今ふと思ったこのイメージで書き進めたいと思います。探すアイデアもふと浮かんだ事があります。

商品を売って利益を取ることが営業だとすれば、とても大事な仕事です。
その商品を作る人も大事です。
ですが、作る人だけがいても、売る人がいなくては、利益にならないかもしれません。

売る人さえいれば、作る人がいなかったとしても、商品を探してきて売ることもできそうです。
自分で作って売ることも考えられます。

究極を言ってしまえば、売る人がなんでも売れる人であれば、商品力がなかったとしてもどうにか商売はやっていけるのではないかと思ったのです。

頼りにされるような営業パーソンになれたら、すごく良いだろうなと思いますが、苦労もたくさんあるんでしょうね。

Read full story »

Filed Under:rec